リアルウエスタン > ロデオ > これがロデオだ! > サドル・ブロンコ・ライディング
サドル・ブロンコ・ライディング
Saddle Bronc Riding

サドルブロンコライディング(ロデオ)サドル・ブロンコ・ライディング(通称「サドルブロンコ」)は、馬にサドル(鞍)が付いているのが特徴だ。サドルブロンコはサドルが付いた暴れ馬に8秒間乗る競技。ただし、このサドルはサドル・ブロンコ独特のもので一般の乗馬用とはかなり異なる。

サドルブロンコライディングはロデオの最も由緒ある競技で、牧場等でカウボーイが馬の調教をしていた頃、暴れ馬に誰が一番長く乗れるか競い合った所から生まれ、最初のロデオ種目となった。

サドルブロンコではベアバックの様に固定した掴む所がなく、馬の頭のハーネスに取り付けられた手綱を片手で握って乗る。手綱といってもこれで馬を制御できるわけでもなく、馬に付いていくしかない。しかし、8秒間乗り切るには選手の動きが馬の動きと完全に一致していなければならない。従って、サドルブロンコでは他のライディング種目以上にも優れたバランス、精密なタイミングと高度なリズム感が要求される。

手綱を握っていない手はバランスの為に空中に上げられるが、この手が8秒が経過する前に自分の体、器具(手綱含む)又は馬に触れると失格となる。また、8秒経ったら、すばやく降りなければならない。

8秒間乗り切らないと失格で得点はゼロになる。8秒間乗り切ると、ジャッジによりライダーが50点満点、馬が50点満点で採点され、それら2つの合計が選手の得点として与えられる。因みに、どの馬に当たるかは抽選で決められる。

ベアバック同様、ライダーがシュート(Chute)と呼ばれる囲いから出てくる時、ライダーの踵が馬の肩かそれより高い位置になければ失格となり、出てきた後も馬の前足が再度地面に触れるまでその位置を維持しなかった場合も失格である。この行為はスパーアウト(Spur-Out)、又はマークアウトと呼ばれる。

馬の前足が地面に触れ、馬が再度跳ね上がるときに合わせてライダーは爪先をなるべく外向きの状態で膝を曲げ、拍車の花車を馬の首と胴体に押し付けて転がしながら鞍の後まで曲げる。馬が低下しだすとライダーは即座に足を伸ばし、踵を馬の首に戻す。この一連の動作をスパーリングと呼ぶ。尚、サドルブロンコでは8秒が経過する以前に片足でも鐙(あぶみ)から外れてしまうと即失格となる。

馬の跳ね様、カウボーイのバランス、体勢、スパーリングと馬の動作の一致具合などが審査の対象となる。全てを曝け出し、ワイルドさを競う他のライディング種目とは逆にサドルブロンコでは滑らかなリズムが要求される。その為、サドルブロンコで高得点を得るには他の種目よりも有る程度動きにスタイリングを加える必要がある。

ブロンコ(暴れ馬)に乗る時間は当初一定化されておらず、アリーナの状況や気候等によって10秒から15秒と変動していた。しかし、ロデオ協会が設立され、ルールの統一が図られだすと1960年代には他のライディング種目(ベアバック、ブルライディング)同様8秒間に統一された。

注:現在のアメリカの新馬調教は、以前の力と恐怖で押さえ込んで馬を操る方法から、馬の習性を良く理解し信頼関係を築く方法に変わってきている。